ポッコリ空いたクレーターを治療する│早期受診で肌が変わる

目を閉じている女性

年齢を重ねて気になること

レディー

自宅でできる対処方法

しわの原因はいくつかありますが、年をとるにつれてコラーゲンや保水力が減少することが一番の原因です。そしてしわによって対処方法が違ってくるので、自分のしわがどのタイプのものなのか注目することが重要です。眉間やほうれい線のしわは毎日の表情の癖からできるものです。その癖を出さないようにして、顔の体操やマッサージで顔の筋肉を動かすことで軽減されます。顔の乾燥によってできるしわは皮膚の浅いところでできているものと深いものとがありますが、どちらも保湿が重要です。皮膚の深いところでできているしわについては紫外線が原因と考えられます。1年中の紫外線対策も必要ですし、抗酸化作用のある化粧品が有効です。しわに効果のある基礎化粧品やしわ取りのクリームもあるので、自分にあったものを選ぶと効果が出やすいです。

病院での対処方法

病院でしわをとる場合は、ヒアルロン酸やボトックスなどの注射によるものや、糸でリフトアップする方法、レーザーを使った方法などがあります。ヒアルロン酸やボトックスの注射は一定期間は効果があるものの、完全に治すというものではないので定期的に注射する必要があります。糸でリフトアップする方法は最近では、切開せずに糸を入れることができ、コラーゲンを合成する力を上げる効果があるなど人気があります。レーザーも気軽に受けることができ、すぐにメイクして帰れるなどの利点があります。病院の口コミや施術実績をきちんと調べて、自分のしわの原因や、効果がでやすい施術方法を丁寧に説明してくれる医師を見つけて、施術することが重要です。